TOP   

高血圧対策集

高血圧対策講座

高血圧講座
邱淑惠の高血圧改善DVD

高血圧 知識集

高血圧の原因と弊害 
高血圧治療薬の副作用
血圧計で遊ぶ
水分を補給する
お酒と上手に付き合うには
加工食品に注意しよう
外食で気をつけること
必要な禁煙努力 
食事時間を長くする
 
 
        
 - 降圧剤にたよる前に、知恵で下げる高血圧 (降圧剤にたよる日々-

加工食品に注意

高血圧には、過剰な塩分が良くないことは常識になっています。また、過剰な甘みも良くありません。しかし、実は塩分控えめ、甘み抑えめの商品が出ても、実際にそれらを購入しているのは、健康オタクの一部の人だけなのです。
普通の人は、どうしても口に美味しい商品を選んでしまいがちです。そして、手抜き料理の定番が加工食品なのです。簡単に早く済ませてしまえるので、多くの人たちが利用しています。

一日のうちで1回加工食品を食べれば、その日の塩分、甘みはとり終えた、という気にならないといけないくらいに、加工食品は高血圧には良くないのです。
結局、食べることに手抜きをしすぎると、血圧が上がるばかりでなく人生そのものを無駄にしてしまうように思ってください。
やはり、心をこめた手料理でゆっくりと食事を楽しむことが、体にも精神にも大事なことのようです。
 加工食品の塩分、甘さの量を知る
加工食品の塩分や甘さを知っておくと便利なことがあります。全部は必要ありませんので、ポイントだけ知っておくと良いでしょう。
例えば、「カップ麺」や「さきイカ」は10%が塩分です。100gの「ハム」や「ソーセージ」を食べると、一日塩分限度量の三分の一をとってしまう事になります。また、「たらこ」の一腹は、一日分の塩分摂取量となります。他には、ケーキ、ドーナッツなどのおやつにも要注意。食べすぎは禁物です。
           
Copyright © 2008 降圧剤にたよる前に、知恵で下げる高血圧All rights reserved.