TOP   

高血圧対策集

高血圧対策集

高血圧講座
邱淑惠の高血圧改善DVD

高血圧 知識集

高血圧の原因と弊害 
高血圧治療薬の副作用
血圧計で遊ぶ
水分を補給する
お酒と上手に付き合うには
加工食品に注意しよう
外食で気をつけること
必要な禁煙努力 
食事時間を長くする
 
 
        
 - 降圧剤にたよる前に、知恵で下げる高血圧 (降圧剤にたよる日々-

高血圧にはニンニク - 中性脂肪を下げる効果

ニンニクは精力減退から腫瘍まで、多くの病気に効くことはよく知られています。特有の臭い成分は細菌をも死滅させる力もあります。
高血圧にももちろん、心臓循環器系にも力を発揮し、血中コレステロール値を下げ血液をサラサラにして血栓症を予防する効果は大変大きいのです。
                                                         
飲める人は、生のニンニクジュースをコップに半分ほど毎日飲めば、悪玉コレステロール値と中性脂肪を下げる効果は薬より絶大です。さらに、ニンニクはがんの予防にも効果が認められていますので、粒のままなら1日に小1〜2個を食べるようにすると効果があります。

ただ、ニンニクには最大の欠点、「臭い」があります。これだけは臭い対策に何を食べても、飲んでも効き目はほとんどありませんので、そのことだけは頭において実行してください。
ニンニクには、根でなく葉を食べる「葉ニンニク」もあり、臭いは少しましですが、効き目も落ちますので、ニンニクはやはり「臭い成分」が病気に対する効力を持っているように思います。

ニンニクを使った私の「高血圧対策料理」

高血圧にはショウガ - 第1級の抗凝血剤

人間の体の内側では血液はサラサラ状態が健康なのです。不健康な血液というのは、栄養過剰、脂肪過剰で固まろうとします。この栄養過剰でドロドロの血液を作る原因は人間が精製した美白食品と呼ばれるものです。例えば、肉類や白砂糖、白米などです。
                                                      
これらの精製した美白食品をやめて、胚芽つきの穀物や深緑色野菜などを積極的に食べることで血液のドロドロ凝固は解消されて、健康な血液に変わっていきます。その中でも、お薦めは「ショウガ」です。実は、ショウガは現代医学でも注目される第1級の抗凝血剤なのです。漢方でもさかんに使われています。

高血圧には無農薬野菜に赤ワイン - 抗酸化物質を摂る

体内にありすぎても困るし、なければまた困るのが活性酸素。これをコントロールするのがポリフェノールなどの抗酸化物質からできる「抗酸化酵素」です。私たちは主に野菜を食べることで体内にこの酵素をつくっています。






しかし、今売られている野菜類は、昔の野菜の半分以下しか、この抗酸化物質が含まれていません。それは、除草剤や殺虫剤、殺菌剤などを多量に使用して栽培されているため、抗酸化物質をつくる土中の微生物が死んでしまっているためです。こういう野菜類には甘みが少なく、味が薄いのが特徴です。野菜は無農薬野菜でなくては抗酸化物質を摂取できる効果はあまり期待できないのです。
         
そのため、現在は抗酸化物質をたくさん含む食品などの健康食品ブームになっています。その中で登場したのが、抗酸化物質のポリフェノールをたくさん含む「赤ワイン」です。美味しい無農薬野菜が手に入らない人は、赤ワインのような抗酸化食品を意識的にたくさんとる必要があるのです。
Copyright © 2008 降圧剤にたよる前に、知恵で下げる高血圧 All rights reserved.